洗い張り

長年着てきた着物や、丸洗いを繰返した着物は、買った時に比べると光沢も落ち、少し生地が堅い
ような風合いになってきます。年月と共に着物が劣化するのは自然なことで、一度も着ないで大に
保管してあったとしても劣化してきます。着物は解いて水洗い(洗い張り)をすることで絹特有の
風合い・光沢が蘇り、絹の心地よい肌ざわりを実感でき、着用が一段と楽しめます。 
仕上がりは反物の状態のため、きものにするためには仕立てを行う必要があります。
洗い張りをすることで反物の筋が消えるため、仕立て直すことができます。
また、仕立て直す際に、寸法を変えたり、古くなった裏地を変えたり、八掛の色を変えてきものの雰囲気を変えたりすることもできます。