着物は【絆】を受け継いでいく物です‼️

いつも、《キモノお直し屋さん》をご愛顧いただきありがとうございます。代表の田中です。

最近、『丸洗い(クリーニング)』や『シミ抜き·汚れ落とし』以外の、特殊なお直しの相談を、【問い合わせフォーム】より多くいただいております。

その中で、この事業を始めて『良かった』と思える事がありましたので、ご報告させていただきます。

写真の丸帯は、50代主婦の方からの御依頼で、お客様のお母様から、30年前にお嫁入りの時にいただいた『丸帯』を半分に切って、二人の娘様に形見分けをしたい❗❗ という内容でした。

まず、一度ほどいて、シミや汚れを綺麗にしました。

そして半分に切って、それぞれに新しい帯裏と帯芯を付けて仕立をして『2本の袋帯』が完成しました❗❗

この事業を行う為の、事前打ち合わせの時に、アンバサダーの入柿さんより、着物の素晴らしさ・大切さを聞いておりましたが、こんなに早く出会えるとは思いませんでした。

お母様の、おもいでの詰まった帯を、姉妹様で結婚式にでも使われてるシーンを想像しただけで、《着物》のすばらしさを感じます。

着物は消耗品ではありません。絆を受け継いでいく、大切な物です。

これからも、お客様のお役にたてるよう、努力してまいります✨

雨の日に着られた着物のメンテナンスについて‼️

いつも、《キモノお直し屋さん》をご愛顧いただきありがとうございます❗❗加工担当の松坂です。

今日は最近、問い合わせの多い、雨の日に着た着物のメンテナンスについて、お話したいと思います。

雨に濡れると、写真のように、着物や帯の色がついてしまったり、縮んでしまったりと、考えるだけでも、着るのをためらってしまいますよね、、、😢⤵⤵

そんな時は、すぐに、『キモノお直し屋さん』に出していただければ、ほぼ、綺麗になりますので、安心して、着物を着てください❗❗

加工としては

○濡れた場合➡『丸洗い(クリーニング)』

○色がついた➡『シミ抜き·汚れ落とし』
○シミや汚れ➡『シミ抜き·汚れ落とし』

が、ありますので、一度、ご検討をお願い致します‼️

これからも、皆様が、安心して着物を着ていただけるよう、努力していきたいと思います❗❗

仕立のほつれ(破れ)について‼️

最近、とてつもない量の、お直しが届いていた為、更新が久しぶりになってしまった、加工担当の松坂です、、、

今日は、着物の《仕立のほつれ(破れ)》についてご説明申し上げます!!

《仕立のほつれ(破れ)》とは、生地が破れたのではなく、縫い目の仕立の糸がほつれる事を言います!!

この問い合わせがとても多いので、現在、サイトの新しくメニューに入れるよう調整しております。

写真のような、仕立糸がほどけてしまった場合、10㎝ごとに3,000円(税別)で、お直しさせていただきますので、お気軽に申し付けてください!!

現在は、ご注文のフォーマットがない状態ですので、ご注文の方は、【問い合わせ画面】より、ご注文お願い申し上げます。(お支払は、事前振込か代引決済のみとなっております。) ご検討、宜しくお願い致します。

入学式、卒業式に着られた着物のお直しが、少し落ち着きましたので、色々と、投稿していきます!!

今後とも、宜しくお願い致します。