加工担当より、よくいただく質問にお答えします!!

『キモノお直し屋さん』の《シミ取り・汚れ取り》についてですが、お客様がわかりやすいようにと言う思いと、お見積りではなくその場で決済ができるようにと言う思いから、どんな《シミ》や《汚れ》でも、500円玉の範囲を一つ2,000円(税別)としております。

その中で一番多い質問が【500円玉の範囲】についてです。

Q・シミが点々とあるのですが、まとめて500円玉の範囲なら一つ2,000円(税別)と考えていいのでしょうか?

A・『大丈夫です!!全体にシミがある場合等でも、全体で500円玉何個分か?と言う事になります。』

Q・500円玉の範囲を越えてないと思い範囲×1しか決済をしていませんが、もし実際、範囲を越えていた場合、500円玉の範囲だけしか加工をしてもらえないのか、追加請求があるのか、どちらでしょうか!?

A・『よほどの事でない限りお客様の決済通りに全て綺麗に加工します。それが安心と信頼だと思っております!!』

等の質問が多いですが、基本的にお客様と連絡を取り合って時間だけをかけるとか、確認の為だけに商品を送ってもらったり、お返ししたりする事は考えておりません。

お客様の目的はハッキリしておりますので、それに答えるべく努力していきます。

また、500円玉の範囲だけの話ではなく《シミ》や《汚れ》の加工の種類でも、すぐに落ちる物もあれば、生地の地色まで落して色を合わせる補正作業をしないといけない物や、カビや黄変しているもの等がありますので、加工金額を一定(弊社は税別2,000円)にする事が今までこの業界ではできませんでした。

『キモノお直し屋さん』では、そう言ったわかりづらい内容を一新して、誰でもわかりやすいようにする事を一番の目的としております。ですから、お客様の決済内容と実際の加工コストで弊社が損をしてしまう事もあるかもしれませんが、それが、お持ちの着物を着てもらう為の第一歩と思い、頑張っていきたいと思っております。

長々と申し訳ありませんでした。最後までお読み頂きありがとうございました。

ぜひ、一度、ご注文をお待ちしております。

着物クリーニングで困った時は『キモノお直し屋さん』

皆さま始めまして、こんにちは。

この度『キモノお直し屋さん』の、アンバサダーを務めさせて頂くことになりました京都で和装プロデュースをしております入柿友香です。

突然ですが、あなたの自宅に眠っている着物はありますか?

家のタンスからもう随分出していない着物、おばあ様やお母様から譲り受けた着物。

着てみたいとは思うけれど難しそう、汚してしまった時のお手入れが大変そう・・・

私が日々和装の活動を広めていく中でよく聞く声。

それが、着物のクリーニング・お直しについてです。

今回こちらのキモノお直し屋さんではそんなあなたの困った!!を解決します。

ご自宅にある着物で柄は気に入っているけれど色が地味で自分の好みではない。

着物自体は素敵なのに目立つシミがある。

そんな時、着物はどこへ出したらいいの?どのように出したらいいの?

声を聞く度、私も和装プロデュースの立場から業者の方を紹介はできても、分かりづらいシステムそのものを変えることはできないと思っていました。

今回こちらのキモノお直しサービスでは私の話に賛同頂き、皆さまの声を全て取り入れてもらえる事になりました。

例えば
・よく着物を着る人
→シミ取りチケットやクリーニングチケットの発行

・どうして着物を送ればいいのか分からない人
→運送屋さんが着物を入れる箱を持ってきてもらえる『ファーストパック』

等、分かりやすいサービスが満載です。これからアンバサダーとして、皆さまの着物ライフが少しでも充実したものになるようこのブログを通じ『キモノお直し屋さん』の便利なサービスをお伝えしていければと思います。

次回は、着物お直し屋さんに関わってくださっている京都の熟練職人さんについてです。

最後までご覧いただきありがとうございました。