きものお直しの種類

きもの丸洗いって何?洗い張りの違いについて

丸洗いは文字通り、丸ごと、そのまま洗います。
ドライクリーニングの技術を応用していて、溶剤で洗います。
部分的なしみ、油汚れや皮脂汚れ、ファンデーションなどの汚れを落とすのに最適です。
仕立て直しをする必要がないので、洗い張りよりは短い期間で、お値段も安く仕上がります。
「キモノお直し屋さん」では、帯揚げ、帯締めの小さいものが 1000 円から、訪問着は 3000円で対応させていただいております。
留袖、振袖なども 3800円となっております。
お得な 3 点セットの取扱いもございますので、お気軽にご利用下さい
詳しくはコチラ

シミ取り・汚れ取り

古い着物で、全体的に汚れが出てきてしまっているような場合は、洗い張りがございます。
洗い張りとは、着物を解いて反物の状態に戻して洗う方法です。
その後、改めて「のり」を引いてから、板などに張って、反物の幅を整えます。
水洗いで汚れとのりを落とし、新たにのりを引くので、風合いも蘇ります。
洗い張りの手順は、文字通り洗ってから、張って乾かします。
まず、着物をほどいて、反物に戻して水洗いします。
次に、糊付けをして、板に張って乾燥させることで光沢や風合いを出します。
詳しくはコチラ

染め替え

【(色見本帳発送→色決め)→事前検品→ほどいて反物に戻す→染め→湯のし→仕立→仕立検品】

染め替え注文の方には、色見本帳を送らせていただきます。(ファーストパックの方には同封)
選ばれる色は、今お持ちの着物より濃い色をお選びください。お仕立の寸法については、同封の寸法表にご記入、又は、着たい寸法の着物があれば一緒に送ってください。
詳しくはコチラ

たとえば、お母様やお祖母様の古い着物を洗い張りして、サイズも自分にあったものに、仕立直しをすることも可能です!